« 中国不動産バブルと中国共産党大会のタイミング問題 | トップページ | 香港「残された時間」の5分の2が既に経過 »

2017年3月25日 (土)

「北京のマンションは私には買えない」との記事

 「人民日報」のホームページ「人民網」の「財経チャンネル」に3月24日付けでアップされた「中国新聞ネット」の記事として「中国銀行業監督管理委員会の元副主席が語る:北京のマンションは私には買えない」というタイトルの記事が載っていました。

 この記事では、今日(2017年3月15日)から海南島で開催中の「ボアオ・アジアフォーラム2017」に参加している中国銀行業監督管理委員会元副主席の蔡ガク生氏(「ガク」は「顎」の作りの右側に「おおざと」)の語った言葉が紹介されています。記者が尋ねた時、蔡ガク生氏は、からかったように「(マンションの)販売抑制政策をやるのもいいし、やらないのもいいが、いずれにせよ北京のマンションは私には買えない。」と語ったそうです。

 ここで言う「私には買えない」の部分は、中国語では「我買不起」です。私が持っている電子辞書によると「(動詞+)不起」は「財的・肉体的・精神的などの負担能力や資格がなくてできないこと、堪えられないことを表す。」とあります。この文脈では、普通は「北京のマンションは高すぎて私には支払う財産的余裕がないので買えない」と理解するのが正しいのだと思います。しかしながら、これを語ったのが「中国銀行業監督管理委員会元副主席」ですので、この方はある程度お金は持っていると思われる一方で、マンション市場を巡る状況については一般の人に比べて格段に熟知していると思われるので、ここの部分は「北京のマンションを巡る状況はバブル的であり、今後、北京のマンションの価格が暴落する可能性は否定できないので私には恐くて買えない」というニュアンスを感じる人もいるのだろうなぁ、と私は思っています。

 おそらく、世界から経済関係者が集まる今年の「ボアオ・アジアフォーラム」では、中国の不動産バブルの問題も参加者の関心を持って議論されるのでしょう。こういった記事がネットに出ていることを見ると、中国のマンションのバブル的状況については、中国の人々の間でも「そろそろヤバイんじゃないの?」という感覚が出始めているのではないかと思います。もっとも、バブルが恐くて市場から撤退するような「やわ」な心臓の持ち主は中国では生きていけないので、みんなが「これはバブルじゃないの?」と心配しつつも、中国の人々は最後まで買い続けるのかもしれませんけどね。

 なお、昨日(2017年3月24日(金))テレビ東京で放送された「Newsモーニング・サテライト」では、韓国の不動産バブルについて報じていました。私は、これだけ国境を越えた資本移動が自由化されている現在の世界においては、各国の不動産市場は各国の中で完全に閉じているわけではなく、もしある国で不動産バブルの崩壊が起きれば、多少なりとも他の国の不動産市場に影響を与えるだろうと考えています。例えば、中国の不動産を買っている投資家は外国の不動産も同時に買っている可能性があり、中国の不動産バブル崩壊が諸外国の不動産市場におけるそうした中国系投資家の投資行動に影響を与える可能性があるからです。韓国のマンション市場の状況は、韓国自身の政治的・経済的状況に原因がありますが、仮に世界の不動産市場が一定程度繋がっているのだとすれば、どこかの国で発生した不動産バブルの崩壊が他国に伝播する可能性は小さくないと思います。

 日本でも、需給とは関係なく相続対策で建築されたアパートがバブル化しているのではないか、などの懸念はあります。日本は平成バブルを経験しているので、多くの企業や個人は不動産取引には相当に慎重になっていますので、日本の現在の不動産市場の状況はそれほど懸念すべき状況にあるとは私は思いませんが、中国の不動産市場で大きな動揺が起きるとすれば、いろいろな経路で日本へも影響を与えることになると思うので、中国の状況は注意深くモニターしていく必要があると思っています。

|

« 中国不動産バブルと中国共産党大会のタイミング問題 | トップページ | 香港「残された時間」の5分の2が既に経過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国不動産バブルと中国共産党大会のタイミング問題 | トップページ | 香港「残された時間」の5分の2が既に経過 »