« 社会主義的発想が中国経済発展を阻害する | トップページ | イノベーション・デフレと中国市場の爆発的拡大の終わり »

2016年3月26日 (土)

習近平主席と李克強総理との関係は大丈夫なのか

 先に開催された今年の全人代の冒頭、李克強総理が約2時間にわたって行った政府活動報告の演説を終わった後で席に戻るとき、習近平主席が拍手をせず、李克強総理と目を合わせることもなかったことが報道されています(というか、テレビで生中継されていたので、中国人民や世界の人々がみんな知っています)。このブログで前にも何回か書いたことがあるのですが、習近平主席と李克強総理については、「公の場ではウソでもいいから仲の良い様子を示して、党中央が一致団結している姿を中国人民と世界に示したらいいのになぁ」と心配になるくらい、公の場で示されるこの二人の「遠い距離感」は非常に気になります。

 その後、さらに私が気になったのは、3月22日(火)午前に開かれた中央全面深化改革指導小組第22回会議に小組の副組長であるはずの李克強総理が欠席したことです(他の副組長である劉雲山氏と張高麗氏(ともに中国共産党政治局常務委員)は出席しています)。李克強総理が欠席したのは、中国・メコン川周辺諸国首脳会談とボアオ経済フォーラムに参加するために海南島に行っていたからなのですが、李克強総理の海南島出張は3月22日~25日で、スケジュールをちょっと調整すれば、李克強総理も「小組」の会合に出られたはずです。

 この日の「小組」では、司法制度改革や貧困対策、児童医療衛生改革、投融資体制改革等が議論されており、客観的に言って「国務院総理の李克強総理が欠席していいの?」と私は思いました。李克強総理の欠席は「中央全面深化改革指導小組は習近平主席(=中国共産党総書記)が主宰しているけれども、結局はその程度の重要性しかない会議なのだ」という印象を内外に与えてしまい、習近平主席の「権威」のイメージにもキズを付けかねないものだと私は思いました。

 欠席の理由になった会議のうち、中国・メコン川周辺諸国首脳会議は外国首脳を呼んで行う国際会議だから重要なのはわかりますが、ボアオ経済フォーラムの方は非政府団体が主催する経済フォーラムであって、確かに胡錦濤時代から例年行われている重要な会議ではあるのですが、中国共産党の重要会議とは性質が全く違います(ボアオ経済フォーラムを主催しているのは、福田康夫元総理が理事長をやっている民間団体です)。

 中国での報道によると、李克強総理は、昨日(3月25日(金))まで海南島におり、視察などを行っています。一方、昨日(3月25日)は、中国共産党政治局会議が開かれ、「経済建設と国防建設の融合」「長江経済ベルトの発展」に関する議論が行われました。海南島から北京まで、4時間もあれば飛行機で移動できるので、この政治局会議に李克強総理が出席していないはずはないのですが、明示的に「3月25日の政治局会議には李克強総理も出席した」とは報じられていません。李克強総理については、3月25日の海南島での視察などが報じられているので、報道だけ見ていると、まるで李克強総理がこの日の政治局会議も欠席したような印象を受けてしまいます(もし仮に本当に李克強氏がこの日の政治局会議に出ていないのであれば、それ自体「とんでもない大ニュース」です)。

 普通の会社でも、「社長派」と「専務派」の派閥があって、社員は社長と専務の顔色を伺いながら仕事をしている、ということもあるのでしょうが、組織の管理上はそれは相当に「マズイ状態」です。習近平主席と李克強総理は、「ウソでもいいから」、公の場では、「意思疎通が十分はかられ、同じ方向で努力している」という姿勢を見せて欲しいと思います。

 前にも書きましたが、胡錦濤主席と温家宝総理は、常に意志疎通が行われ、胡錦濤主席がリーダーで温家宝総理が実務担当者という関係が明確でした(というか、そういう関係であることを意図的に人民に見せていた)。そのため、ネット上では「錦宝飯」(「五目ご飯」の意味だが「飯」はファンと発音するので「胡錦濤主席と温家宝総理のファン」という意味にもなる)という言葉が流行ったりしました。

 習近平主席と李克強総理の関係が「不仲のように見える」だけではなく、もし仮に「実際に不仲」なのだとしたら、来年(2017年)秋にも行われる予定の次の中国共産党大会へ向けて、習近平主席の二期目(2018年~2013年)も李克強氏が国務院総理を務めるのかどうか、という点も含めて、中国政治における最大の「リスク」になると思います。

|

« 社会主義的発想が中国経済発展を阻害する | トップページ | イノベーション・デフレと中国市場の爆発的拡大の終わり »

コメント

周と李の距離感は遠いのでしょうかね。
権力闘争は良い意味でエネルギーを生むものですが・・。

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2016年4月 2日 (土) 21時33分

中国の南沙諸島の横暴は強権的で文明国のやり方ではない十九世紀的な帝国主義。
何でしょうかね・・・・。

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2016年7月16日 (土) 00時19分

中国の南沙諸島への進出、日本の南の島への領土主張・・
あれほど大きな国土を持ちながら、何で領土に執念を燃やすのか・・。

投稿: 根保孝栄・石塚邦男 | 2016年8月10日 (水) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 社会主義的発想が中国経済発展を阻害する | トップページ | イノベーション・デフレと中国市場の爆発的拡大の終わり »