« このまま「夢」が現実として続いて欲しい | トップページ | 北京オリンピックが教えてくれたもの »

2008年8月23日 (土)

中国の人々が世界を見る目

 オリンピック期間中、北京の街中に置かれているテレビの前では多くの人が試合に見入っていました。今日(8月23日)は、男子サッカーの決勝「アルゼンチン対ナイジェリア」の試合をやっていたのですが、ショッピング・モールにある街頭テレビの前では多くの人がこの中継を見ていました。サッカーは中国でも人気なぁ、と私は思いました。今回のオリンピックを通じて、中国の人々は、中国が関係しないところでも、いろいろな競技のいろいろな国の試合を見たのではないかと思います。

 もちろん、中国選手の活躍が一番関心事項だったと思いますが、中国選手が出る以外の試合もテレビでは随分放送していたので、多くの人々が中国とは関係のない試合を見たと思います。今年の4月頃、世界を回る聖火リレーが妨害される事件があった頃、中国のメディアは「西側の報道の仕方はおかしい」といったキャンペーンを張り、中国の人々の間では異様なナショナリズムが盛り上がりました。特にフランスでの聖火リレーに対する妨害が大きかったこともあり、フランス系スーパーマーケット「カルフール」に対する不買運動が各地で広がりました。こういった「反外国」の雰囲気のままでオリンピックを迎えたらどうなるんだろうか、とそのころはちょっと心配していました。

 ところがその後5月12日に発生した四川大地震により雰囲気は一変しました。中国全体が団結して被災地を支援しよう、という雰囲気になりました。各国から救援隊や医療隊が駆け付け、中国の人々は素直にそれに対する感謝の意を表していました。「カルフール」に対する不買運動のようなちょっと歪んだナショナリズムはかなり影を潜めました。

 そういうこともあり、北京オリンピックの期間中は、外国に対する反発のようなものが目立って表に出ることはありませんでした。サッカーの試合では、日本が出場した際にはブーイングなどもまだあったようですが、数年前に比べれば、いくぶんかは良くなったのではないでしょうか。

 今回の北京オリンピックが中国の人々の世界を見る目をかなりソフトにしたのは間違いないと思います。コントロールされた官製メディアを通じてではなく、直接、多くの外国の人と接する機会があったのはよかったと思います。

 後は、今、大幅に緩和されているインターネット規制がオリンピック終了後も継続されて、中国大陸部の人々もネットを通じて常時世界の他の人々が享受しているのと同じような情報交換の自由さを享受でき続けるのか、ということがポイントになると思います。イベントの運営という面では、北京オリンピックは大成功だったと思います。中国の人々に対して、世界を見る窓が開いた、という意味でも、現時点では成功だったと言えるでしょう。今後、オリンピックをきっかけにして開いた世界に対する窓が閉じられるようなことがなければ、北京オリンピックは「真に成功だった」として歴史的にも評価を受けることができるようになるでしょう。

|

« このまま「夢」が現実として続いて欲しい | トップページ | 北京オリンピックが教えてくれたもの »

中国の民主化」カテゴリの記事

北京オリンピック」カテゴリの記事

日中関係」カテゴリの記事

コメント

また来ちゃいました(笑)

メディアとオリンピック。。。
欧州メディアは北京を無視。。。ほとんど放送されなかったというのは本当でしょうか。
ことさらに法王訪問やグルジアその他の特集を組み、
自国のスター選手が出るような試合以外は放映がなかったとどこかで読みました。

自分は欧州に知人もいないし、自分自身が今までのオリンピックに興味がなかったので、
日本で、諸国で、今までと比べて放送量や視点がどうだったのかわかりません。
グルジアという国もはじめて聞いたし、そこでの紛争がどのくらいの大きさで扱われるのが妥当なのかも判断つきません。
もしこの件ご興味あったらイヴァンさんの視点で記事にしてくださると嬉しいです。

ここはコメントのつかないブログなのですね。
自分のコメントがずーっと新着欄にあるのも恥ずかしい気が(汗)
あの、これも、過去コメも、公開していただいても削除していただいてもどっちでもいいです。

なんとなくおまけ。
厳戒・北京五輪 - 注目テーマ :新s あらたにす(日経・朝日・読売)
http://allatanys.jp/B002/20080806THK00057.html


お邪魔しました。

投稿: 北京初心者 | 2008年8月26日 (火) 16時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« このまま「夢」が現実として続いて欲しい | トップページ | 北京オリンピックが教えてくれたもの »