« 開会式前日の天安門前広場はいたって平和 | トップページ | 「中国の歴史が変わる日」になるのか »

2008年8月 8日 (金)

開会式当日の北京の朝は視界300メートル

 今、2008年8月8日の朝7:30過ぎ(北京時間)です。オリンピック開会式が12時間後に迫っていますが、朝は最近にない濃い霧に包まれています。視界は300メートルといったところでしょうか。空を見上げると太陽は白く見えています。ここまで視界が悪いと、その原因が全て大気汚染であるはずはないので、湿度の高さが影響しているのは明らかですが、水蒸気の「核」となる微粒子が空気中に浮遊していることは間違いないと思います。

 湿度が高いので、夜8時8分開始の開会式までの間に「ひと雨」ある可能性もあります。ちょっと心配なのは、ここまで視界が悪いと飛行機の運航に影響しないか、ということです。北京首都空港には電子誘導装置がありますので、相当に視界が悪くても飛行機の離発着は可能ですが、過去に濃霧による視界不良のため飛行機便が欠航になったこともあります。「ひと雨」降れば視界も晴れるでしょうが、この8月の時期の「ひと雨」は普通は「雷雨」になりますが、「雷雨」も激しくなると飛行機の運航に影響します。今日は日本の福田総理ほか、開会式に出席する各国首脳の北京到着も相次ぎます(アメリカのブッシュ大統領は既に昨晩のうちに北京に到着しています)。天候がこれら各国首脳や開会式を楽しみにしている一般の観客の皆様が北京に来ることに影響しないことを祈りたいと思います。

 また、あまり視界が悪いと開会式のせっかくの演出が見えにくい、という事態にもなりかねませんので、あと12時間ちょっとの間にこの視界の悪さがなんとか改善してくれればいいなぁ、と思っています。

|

« 開会式前日の天安門前広場はいたって平和 | トップページ | 「中国の歴史が変わる日」になるのか »

中国(北京)の大気汚染・環境汚染」カテゴリの記事

北京オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 開会式前日の天安門前広場はいたって平和 | トップページ | 「中国の歴史が変わる日」になるのか »