« 私営企業家の参政意欲は警戒すべきか | トップページ | 農民工の十大願望 »

2007年11月 3日 (土)

北京大学の「三角地」掲示板の行方

 11月1日付けの「京華時報」は、北京大学のキャンパスの中にある「三角地」と呼ばれる場所にある掲示板が前日撤去されたことを伝えていました。

(参考1)「京華時報」2007年11月1日付け記事
「北京大学の三角地掲示板、撤去される」
http://epaper.jinghua.cn/html/2007-11/01/content_172048.htm

 大学側の説明によると、もともとここは学生の間の情報交換のための掲示板だったのだが、最近はほとんどが商業広告で占められてきており、本来の学生間の情報交換の役目を果たしておらず、しかもその商業広告の中にはニセモノの広告などの怪しげな広告も多くなり、北京大学のキャンパス内にいくつかの来年のオリンピックの競技会場となる施設も作られていることなどを考えて、構内環境の浄化の観点から撤去した、とのことです。上記の京華時報の記事によると、大学側は、その場所に電光掲示板を設置して、情報提供の役割を引き続き果たすようにしたいと考えている、とのことです。

 これに対しては、「三角地」は、様々な情報交換が行われてきた北京大学の「文化」のひとつである、として、撤去を惜しむ声が上がっています。11月2日付けの「新京報」の評論欄には、方維民という北京の学者が書いた「三角地の現状を保持することには今でも意義がある」と題する文章が載っていました。

(参考2)「新京報」2007年11月2日付け「馬上評論」の欄
「北京大学の『三角地』の現状を保持することには今でも意義がある」
http://www.thebeijingnews.com/comment/zonghe/1044/2007/11-02/011@074830.htm

 この文章の筆者は、北京大学の「三角地」は、多くの北京大学生が意見を発表し、情報を交換してきた場所であり、北京大学の文化のひとつのシンボルである、と指摘しています。また、この「三角地」が撤去された件について、寛容と批判の精神を北京大学の中でいかに継承していくかの観点で惜しむべきものであり、多くの人が考えるべき問題だ、とも指摘しています。

 また、11月2日付けの「新京報」の記事によると、「三角地」の掲示板の撤去は学内で大きな論争を引き起こしているとのことです。

(参考3)「新京報」2007年11月1日付け記事
「北京大学による『三角地』の撤去は論争を引き起こしている」
http://www.thebeijingnews.com/news/beijing/2007/11-01/011@082357.htm

 このように学内で論争になっていることから、2日に行われたシンポジウムの冒頭、北京大学の許智宏学長は、「三角地」を撤去した後、この一帯に「学生活動センター」を作ることも可能である、との考えを示した、とのことです。

(参考4)「新京報」2007年11月3日付け記事
「北京大学の『三角地』に学生センターを建設する計画」
http://www.thebeijingnews.com/news/beijing/2007/11-03/021@071251.htm

 来年8月に行われる北京オリンピックでは、卓球など一部の競技会場が北京大学のキャンパス内に建設されています(国としては土地が確保しやすいことと、オリンピック終了後は大学のスポーツ施設として使えるので、これは合理的な話だと思います)。また、オリンピックにおけるマラソンコースの一部は北京大学のキャンパス内を通ります。そのため、例えばマンホールの出っ張りでランナーがつまずかないようにするため、など、北京大学のキャンパス内の道路の補修工事などが急ピッチで進められています。10月29日からは、キャンパス内の道路補修工事による渋滞を緩和するため、大学関係者の車、お客を乗せたタクシー、事前に登録した車以外の車はキャンパスに入ることが禁止になりました。

 そういった動きの中では、乱雑で怪しげな商業広告があふれるようになってしまった「三角地」の掲示板を大学側が撤去した理由については、それなりの説得力があるのですが、学内での論争や北京の新聞の反応を見ていると、多くの人が「単なる乱雑な掲示板の撤去」ではないものを感じて、警戒心を持ったのではないかと思います。

 中国の現代の歴史の中で、北京大学の学生たちが果たした様々な役割は、人々の記憶に残っているところです。歴史上のどういう事態に、北京大学の学生がどのように関与したのか、について具体的な例を挙げることは、ここでは控えたいと思います。今回の「三角地」の撤去がオリンピックへ向けての単なるひとつの環境整備事業のひとつなのか、それとも「何かの始まり」なのか、それは私にはわかりません。ただ、私としては、「単なる掲示板の撤去」ではない「何か」を感じたので、この文章を書き残しておきたい、と思ったということを申し上げておきたいと思います。 

|

« 私営企業家の参政意欲は警戒すべきか | トップページ | 農民工の十大願望 »

中国の報道機関」カテゴリの記事

中国の大学生」カテゴリの記事

中国の民主化」カテゴリの記事

北京オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私営企業家の参政意欲は警戒すべきか | トップページ | 農民工の十大願望 »