« 「忌まわしい悪しき記憶」が教えるもの | トップページ | この大気汚染の中で野球はできるのか »

2007年7月25日 (水)

北京オリンピック期間中ホテル代は8倍以上に

 オリンピックの期間中、北京のホテル代等は高騰するだろうと言われていますが、北京の大衆紙「新京報」が調査した結果によると、現時点で予約を取っているホテルでは、通常の価格の8倍以上の値段で予約を受け付けているところがあるそうです。

(参考)「新京報」2007年7月24日付け記事
「240元の客室がオリンピック期間中は2000元に」
http://news.thebeijingnews.com/0558/2007/07-24/021@278414.htm

 北京オリンピックの開幕(2008年8月8日)まで、まだ1年以上あるので、お客がどれくらいくるのかまだ見えてきていないところがありますが、「新京報」が現時点で聞き取り調査をした結果、回答が得られた37のホテルのうち17のホテルでは、既にオリンピック期間中の予約を受け付けている、とのことです。北京のホテルは星の数で一つ星級から五つ星級までの5段階にランク付けされていますが、三つ星級ホテルで標準的な値段が1泊240元(約3,840円)の客室がオリンピック期間中は1泊2,000元(32,000円)にまで値上がりしていることろがあるそうです。五つ星クラスだと、オリンピック期間中は通常の約3倍を超える1泊4,000元(64,000円)~5,000元(80,000円)程度の値段がついている、とのことです。

 また、新京報が調査した既に予約を始めているホテルの過半は、予約時に宿泊費の一部又は全部の支払いを要求しており、キャンセルした場合は、既に支払った料金は返さない、といった契約にしているところもあるそうです。

 上記の記事には書いてありませんが、私が聞いた範囲では、1年契約のアパートなどでも、オリンピック期間中を含む契約期間で契約する場合は、通常より高い特別料金の家賃を要求されたり、オリンピック観戦等にとって交通の便利な場所のアパートについては、オリンピック期間中を含む場合は契約更新そのものをしない(オリンピック期間中は特別料金で別の人に貸すため)といったケースも出てきているようです。

 オリンピックは、本来は現地に住んでいる人にとっては、胸の沸き立つ、楽しい、うきうきしたイベントのはずなんですが、そういった「盛り上がる雰囲気」より(これは外国人である私が勝手にそう思っているだけですが)「ちょっと勘弁して欲しいなぁ」という気分の方が大きくなっている今日この頃です。

|

« 「忌まわしい悪しき記憶」が教えるもの | トップページ | この大気汚染の中で野球はできるのか »

中国の物価」カテゴリの記事

北京オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「忌まわしい悪しき記憶」が教えるもの | トップページ | この大気汚染の中で野球はできるのか »