« 北京の今日の大気汚染度はIII(1)級(軽微汚染) | トップページ | 中国のマンション・バブルはいつまで続くのか »

2007年6月19日 (火)

6月19日の大気汚染度はIV(1)級(中度汚染)

 6月19日(火)の北京は、昨日よりも大気汚染がひどく、国家環境保護総局が発表している空気汚染日報では、空気汚染指数(API)が202、汚染等級が7段階の悪い方から3番目のIV(1)(中度汚染)にまで達しました。

 20年前に私が北京にいたときには、暖房のために石炭や練炭を大量に燃す冬や、黄砂が飛来する早春の時期には、北京の大気が汚染された感じの時はありましたが、5月、6月は基本的に晴天で、スカッと晴れた日が多く、緑の街路樹が青空にまぶしく映えて、暑いことは暑いのですが、それなりに気持ちがよかった時期であったように記憶しています。今日のような、雲がなく、太陽が透けて見えているのに、青空がない、という北京にいると、北京は1年のうちで一番美しい時期を失って、それでいったい何を得たのだろうか、と思ってしまいます。

|

« 北京の今日の大気汚染度はIII(1)級(軽微汚染) | トップページ | 中国のマンション・バブルはいつまで続くのか »

中国(北京)の大気汚染・環境汚染」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北京の今日の大気汚染度はIII(1)級(軽微汚染) | トップページ | 中国のマンション・バブルはいつまで続くのか »